PR

札幌のあんこ堂は、あんこの種類が日本一

食(札幌)

気になるお店にやっと入ってみました。
なんでもそのお店は、あんこの種類が日本一なのだとか。

洋菓子みたいな、かわいいあんこのスイーツを売っています❤️

スポンサーリンク

「あんこ」堂とは

ご近所で気になる看板を目にしていました。

その名は「あんこ堂」
女子が好きそうな素敵な色合いに、ケーキの様なスイーツの写真も。

「そのうち」覗いてみましょうと思いつつ、慌ただしく二拠点生活をスタートさせ、松山で過ごしているうちに記憶から薄れてしまっていました。

先日、札幌に戻って来たタイミングでこのお店の前を通りかか、以前思っていた「そのうち・・」って今では?と、お店に入ってみることにしました。

あんこ堂の商品

店舗は半地下に位置しています。

お店があることはガラス越しにわかるものの、入り口がパッと見ではわからず初めての時は戸惑ってしまいますが、看板の脇にある階段を少し下ると、店舗の入り口に辿り着けます。

中は、2メートルほどのショーケースに、色々な種類のあんこ玉(まん丸に整形されたあんこ)のサンプルが飾られています。

どんな種類があるかと言うと、

  • 和栗渋皮
  • ピスタチオ
  • ラムネ
  • チョコ
  • りんご
  • :

間違えない様にもう一度書きますが、これはあんこの種類です。

このあんこが、蒸しパンの間に挟まって提供されます。
さらに、生クリームもしくはバターを好みで選択し、商品の完成!

つまり、

あんこ玉 + 蒸しパン + バター or クリーム

で形成されたスイーツです。(バターとクリームは無しにすることもできます。)

ショーケースに自分の買いたい組み合わせがなかったとしても、お店が混雑していなければ(お一人で応対なさっていました)リクエストした組み合わせで作ってくださるとのことでした。

お味は?

私が選んだのは、きなこのあんこ玉とクリーム(370円 2024年6月時点)
ドーム型のかわいいプラスチックの入れ物に入って商品がやって来ました。

蒸しパンは、もちっとした食感。あんこは甘すぎず、きな粉の香りはしっかり。
あんこときな粉はバランス良く合わさっており、きっと他のフレーバーを選んでもその味を楽しめるあんこ玉では無いかと思いました。あんこ玉は見本より小ぶりです)

その見た目が、また可愛らしかったです。お呼ばれした時の手土産に良さそう。カラフルな色合いに、好き嫌いの少なそうな優しい味わいです。フレーバーの違いを話題にできるのも楽しいです。

その日のフレーバー確認や事前予約のお取り置きも、SNSで対応されているので、お店に出向く前に確認や注文をしておくとスムーズだと思います。

また、イベントにも出店される様なので、店舗へ行くのは難しいという方も、購入できるチャンスがあるかもしれません。

「あんこ堂」は、可愛くて優しいスイーツに会える場所です。(イートインスペースありません


タイトルとURLをコピーしました